梅田・心斎橋~天王寺、大阪の脱毛最新情報

脱毛ニュース

3分1,000円で駅ナカ脱毛!ekibana(エキバナ)って知ってる?

更新日:

駅ナカに、3分1,000円でできる鼻毛専用の脱毛サロンが登場!

現在は、東京都中央区の都営地下鉄新宿線市ヶ谷駅・馬喰(ばくろ)横山駅、小川町駅、新宿三丁目駅。

馬喰(ばくろ)横山駅では改札内、市ヶ谷駅、小川町駅、新宿三丁目駅では改札外に出店中です。

「ekibana(エキバナ)」は、衝立(ついたて)で囲っただけのシンプルな店構えですが、所要時間はたったの3分。

料金は税込み1,000円!

移動のちょっとした合間や、商談前の身だしなみのチェックとして気軽に利用できますね。

鼻毛はどれくらい嫌われる?

パナソニックが少し前に行った調査では、異性や他人の身だしなみに関して、どのような場面でドン引きするかを聞いたところ

「髪の毛のフケ」(86.3%)、「歯のたべかす」(82.7%)を抑えて、最も多かったのは鼻毛が飛び出ていた」(88.0%)でした。

さらに、鼻毛の出ている人には「仕事ができなさそう」(50.0%)、「年収が低そう」(32.7%)といったイメージがあるようです。

ドクターシーラボが20歳~59歳の女性362人を対象に実施したアンケート調査では、異性との“接近戦”で幻滅したことのトップ3は、

  • 1位:息が臭かった
  • 2位:鼻毛が出ていた
  • 3位:毛穴が広がっていた

だそうです。

さらに、その後どう思ったのかでは

  • 1位:見ないことにした
  • 2位:愛情が冷めた
  • 3位:改善できそうなアイテムをプレゼントした
  • 4位:別れを切り出した

という結果に(゜ロ゜)

もちろん、鼻毛はおじさんだけに生えているのではありません!

今回は女性を対象にした調査ですが、男性も女性に対して同じように思っているかもしれません。

若い女性こそ、鼻毛が出ているなんて絶対に許されませんよね^^;

ekibana(エキバナ)とは?

*画像はekibanaHPより

ekibanaは2017年10月にスタート。

現在は、東京都中央区の都営地下鉄新宿線市ヶ谷駅・馬喰(ばくろ)横山駅、小川町駅、新宿三丁目駅に出店しています。

馬喰(ばくろ)横山駅では改札内、市ヶ谷駅、小川町駅、新宿三丁目駅では改札外に出店中です。

ekibana(エキバナ)の脱毛方法は?

鼻毛脱毛には、医療系のレーザー脱毛、光脱毛、ワックス脱毛と大きくわけて3つの方法があります。

ekibana(エキバナ)の脱毛方法はワックス脱毛です。

脱毛前には、まず鼻の中の状態を確認。

新しい傷はないか、かさぶたはないか、極度に乾燥していないかなどをきちんとチェックしてくれます。

ワックス脱毛の場合、鼻水や皮脂などが残っているとうまく抜けないため、鼻水が残っていたり鼻毛に皮脂が付着していたりすれば、ティッシュを使ってそれらをきれいに拭き取ります。

鼻の中をしっかりチェックして問題がなければいよいよ脱毛開始です。

「スパチュラ」という木製のヘラの先に青緑色のワックスをつけ、左右の鼻の中に差し込みます。

そのままの状態で10秒ほど待ちます。

このとき、脱毛してもらう人は上方を向いています。

そのあと、棒を一気に抜きます。

この抜き加減がプロの技。上手に引き抜くと痛みを感じません。

ekibana(エキバナ)の利用客は?

ekibana(エキバナ)の利用客は、半分弱は女性だそうです。

女性専用の脱毛サロンで鼻毛脱毛をしてもらうと、1回5,000円くらいしちゃいますからね^^;

1回1,000円で、さっと処理してもらえるなんてお手軽です。

これから人と会う約束をしているとき、大切な商談の前、デートの前などに、少し時間をとってよってみてはいかがでしょうか?

残念ながら、大阪にはまだ出店していませんが、東京方面へでかけたときには是非体験してみたいですね♪

ちなみに、以下のコンディションの場合は控えたほうが良いそうです。

  • ​鼻の中が極度に乾燥していてカサカサ
  • 鼻の中にできもの・傷(かさぶた)がある
  • アレルギー性鼻炎

参考:ekibana公式サイト

 

鼻毛が気になるなら脱毛しちゃえ!鼻毛もレーザー脱毛する時代。

-脱毛ニュース

Copyright© 大阪で脱毛するなら安いのは当たり前! , 2018 All Rights Reserved.