施術前の自己処理はどの程度まですればいいの?

知らないと後悔する脱毛知識

施術前の自己処理はどの程度まですればいいの?

更新日:

脱毛サロンやクリニックで脱毛する場合、事前にムダ毛をシェービングしておく必要があります。

脱毛サロンやクリニックで脱毛する場合、事前にムダ毛をシェービングしておく必要があります。

毛がないと脱毛できないような気がしますが、毛根さえあれば脱毛できるのです。

むしろ、肌の表面に毛があると、脱毛効率が悪くなるだけでなく、痛みや肌あれをおこす可能性もあるため、必ずシェービングしなければなりません。

脱毛前のシェービングについての説明

脱毛する前日までに必ずシェービングする

シェービングは脱毛前日までに済ませておいたほうが良いでは、シェービングはいつするのがいいかというと、前日~2日前くらいがいいでしょう。

前日ではなく、当日剃った方がムダ毛がまったくない状態になれるのでよさそうに思えますが、シェービング直後は肌が乾燥しています。

乾燥がひどくなると脱毛を断られる恐れがあるので、前日までにすませておきましょう。

どこまで剃ればいいの?

脱毛前のシェービングについては、各脱毛サロンごとに対応が違うこともあります基本的に、脱毛する部位全部をシェービングします。

ただ、背中やおしり、うなじ、IOラインなどは自己処理が難しいので、脱毛サロンによっては手が届かない部位のみシェービングを無料でしてくれるところもあります。

剃り残しについては、各脱毛サロンによって対応に差があり、シェーバーを持参(または購入)すればシェービングしてくれるところもあれば、剃り残しがあるとその部分を避けての照射になるサロンも。

脱毛ラボのように、少しの剃り残しに厳しく、シェービング代を請求されるケースも。

自己処理のオススメアイテムは?

シェービングというとカミソリを想像する人がほとんどだと思います。

シェービングをするには、カミソリまたは電気シェーバーを使いましょう。

おすすめは、肌を傷つけにくい電気シェーバーです。

刃が肌に触れずに除毛できるため、肌に負担をかけにくいです。そのため、肌が敏感な人でも使えます。

カミソリも最近は剃りやすく肌を傷つけにくいタイプのものが増えています。

少し高めの女性用のカミソリを使えば、スピーディーにムダ毛を剃ることが可能。

反対に、脱毛中に使ってはいけないのは、以下のアイテム。

  • 毛抜き
  • ワックス
  • 除毛テープなど

要は、毛を抜くタイプの除毛アイテムはバツ。

脱毛は毛根がないと効果がありません。

例にあげた抜くタイプのアイテムは、毛根を取ってしまうので脱毛中は使わないようにしましょう。

脱毛は毛根がないと効果がないので、毛を抜くタイプは使わないで

背中など剃りにくい場所はどうしたら?

背中など剃りにくい場所はどうしたら?自己処理が難しい背中などのパーツは、できれば家族や友人にやってもらうといいですね。

それが無理なら、背中用のシェーバーがあるので利用してみるのも手です。

同じように、デリケートゾーンのように小さく凹凸のあるパーツも、専用のシェーバーを使うと剃りやすいので活用してみましょう。

剃る時は鏡をうまく使って明るい場所でシェービングするとスムーズに剃れます。

脱毛前のムダ毛の自己処理に自信がない時は、シェービングサービスのある脱毛サロンを利用するという方法も

-知らないと後悔する脱毛知識

Copyright© 梅田・なんばで脱毛|安い、でも安心の脱毛サロン、クリニックって? , 2017 All Rights Reserved.