大阪脱毛ランキング:地域別、部位別

知らないと後悔する脱毛知識

VIO脱毛でハミ毛知らず!VIOの形で人気・オススメは逆三角形

更新日:

恥ずかしいハミ毛!忘れずにお手入れしよう

普段は人目につかないデリケートゾーンのムダ毛「ハミ毛」

でも、水着になる時やお泊りデート、友達と旅行して同じ部屋で着替える時など、チラ見えしていることに気づいていますか?

せっかく可愛いショーツや水着を着ても、ハミ毛があるだけで一気にカッコ悪くなってしまいます。

「ムダ毛が多くないから」「毛が薄いから」と気を抜いていると、あとで指摘されて恥ずかしい思いをするのはあなたです。

ハミ毛の自己処理方法

ハミ毛を防ぐには、ただ毛を剃ったりカットするだけではダメ。
なぜなら、チクチクしてすごく不快な上に、不自然に見えてしまいます。

毛が剛毛な女子は、ショーツから毛が飛び出す人もいるのだとか。
こうならないためには、ハミ毛の正しい自己処理方法を知ることが大切です。

おすすめの自己処理方法

・はさみ+電気シェーバーorヒートカッター

 

Vラインは肌がデリケートな場所です。
肌に無駄に刺激を与えてしまうと、色素沈着しやすいので黒ずみの原因に!

電気シェーバー肌を傷つけにくいのでおすすめです。

肌を保護するローションやクリームなども準備しておくと完璧です。

まず、はさみで長すぎるハミ毛をざっとカットします。
そのあと、電気シェーバーで形をつくっていきます。

チクチク感を防ぎたいなら、電気シェーバーの代わりにヒートカッターを使いましょう。

ただ、ヒートカッターは長さを短くするものなので、ハミ毛がある部分につかうのは微妙。
その場合は、電気シェーバーと兼用にするといいですね。

おすすめできない自己処理方法

・カミソリ
・毛抜き
・脱毛クリーム

 

ムダ毛処理の定番、カミソリ肌を削ってしまうので避けた方がいいです。
しかも、チクチクしやすい方法なので、急ぎの時以外はやめた方がいいでしょう。

毛抜きは毛根から抜けるので、チクチクしない上にしばらくムダ毛処理がいらないのが魅力。
ただ、毛根にダメージを与えるので埋没毛や毛穴の開き、出血などのリスクが高いです。

最も、デリケートゾーンの毛は根が深い傾向があり、抜くのはなかなか大変だし痛みも強いです。

脱毛クリームは毛を溶かして除毛する方法。
処理後も毛のチクチク感がないというメリットはありますが、デリケートゾーンに使える脱毛クリームはあまりありません。

薬剤が強いものが多いので、大切な場所には使わない方が無難。

合えばOKの自己処理方法

・ブラジリアンワックス

 

ワックスは近年人気の除毛方法。

ワックスをつけてはがすことで、毛だけでなく角質も取れて肌がつるんとするので、触り心地も上々

専用のサロンだけでなく、自分でできるキッドも販売されています。

この方法は肌が強い人ややり方に慣れた人に向いています。
肌が弱い人やぶきっちょな人には難しいかも。

脱毛派ならVラインのデザイン選びは重要!

デリケートゾーンは自己処理が難しい場所です。
それなら、プロにお任せしたいという人に人気なのが「脱毛」。

他の部位同様に、照射を繰り返すことで少しずつムダ毛を抑制して減らしていきます。

脱毛の場合は、Vラインの形を選ぶことになります。

・逆三角形
・卵型
・スクエア
・iライン(長方形)
・ハート、星形など
・ハイジニーナ

 

よくあるのが、この6種類です。

一番人気が、逆三角形
とてもナチュラルに見えるところから選ぶ人が多いですね。

卵型スクエア型も女性らしい形で人気。

iライン型はワンフィンガーとも呼ばれ、ハミ毛の心配のない形。
海外で人気があると言われています。

ハートなどのモチーフも可愛いと一部支持者あり。
そして、無毛にするハイジニーナもジワジワやる人が増えています。

いざとなるとどの形にするか迷うものですが、迷うなら逆三角形がおすすめ。

この形なら、その後違う形にしやすく、やりすぎ感がないので男子受けのいいデザインでもあります。

剛毛さんも脱毛で毛が柔らかくなる?

ハミ毛はないけれど、剛毛なのが気になる!という人も、実は脱毛がおすすめなんです。

Vラインの毛が剛毛でゴワゴワしていたり、ショーツやパンストから飛び出すのが気になるなら、脱毛して毛を細く柔らかくする方法も。

「脱毛って毛がなくならない?」と思うかもしれませんが、VIO脱毛は数回脱毛したくらいではごっそり毛がなくなるということはありません。

理想の形になるまでは、10数回から20回以上頑張る人もいます。
数回脱毛することで、毛根にダメージを与えて弱々しく柔らかな毛質に変えることが可能です。

-知らないと後悔する脱毛知識

Copyright© 大阪で脱毛するなら安いのは当たり前! , 2018 All Rights Reserved.